安全衛生管理体制 / Hygiene management system

「一つひとつの食事に安全保証書を添えて」
それが、フジ産業の基本です。

当社独自の厳しい衛生管理システムを実施。

「食事に安全保証書を添えて」をモットーに、HACCPの概念を取り入れた、独自の衛生管理システムによる事業所運営を実施。食材の検収から調理、サービスに至る各工程での管理を徹底し、安全でおいしく、そして安心できるフードサービスのご提供を行っています。
また、ISO9001のシステムを用い、目標管理制度の運用や教育計画、衛生管理等を標準化し、お客様に満足して頂ける質の高い食環境作りをしています。

社長直轄の衛生管理室と安全推進室

衛生管理のスペシャリストが、事業所巡回指導、簡易細菌検査、清浄度検査(ATP)等を実施し、潜在するリスクを未然に防止しています。
一方、安全推進室は労災事故を撲滅する為、年2回の安全衛生講習会を開催、地域事業単位での研修会を実施。
又、発生時の速報体制を整備すると共に他事業所に対しての情報共有を通じて類似災害の防止に努めています。

当社の事業領域

事業所における自主衛生管理の徹底
  • HACCP並びに大量調理施設衛生管理マニュアルに基づき危害要因に対して管理、モニタリングと記録の実施
  • ISO9001の手法を用い、衛生管理の標準化を実施
安全衛生教育・研修
  • 各本部単位の教育研修  年2回
  • 事業所単位の教育研修  年1回(社内・外部機関)
外部機関による検査(安全性の検証)
  • 厨房内の拭取り検査   必要に応じて
  • 調理済み食品の細菌検査 必要に応じて
安全衛生マニュアルによる管理
  • 食材納品から調理、サービスの工程管理
  • 納入業者の管理、食材のトレーサビリティ
  • リスク管理
衛生管理室による事業所管理
  • 自主衛生点検による評価と管理
  • 具体的改善方法の提示と指導
  • 事業所ランク表による衛生レベルの底上げ
信賞必罰制度による管理
  • 信賞=年1回
改善活動により、衛生改善に取り組んだ事業所に対して表彰並びに報奨する
  • 必罰=年1~3回
自主衛生点検評価において基準を下回った事業所にイエローカード並びにレッドカードを発行し、ペナルティー を課す
衛生状況の検証
  • 拭取り検査並びに清浄度検査(ATP)、食器の残留物検査の実施