保育園給食 / Nursery School

成長段階に合わせた食事で食べる楽しみを育みます。

はじめて知る小さな社会での食育の重要性。

園児にとって、保育園ははじめて知る小さな社会です。
そして、他の子どもと食べる給食は、コミュニケーションを育む大切な機会であると同時に、自分の家庭以外の味を知り、味覚を広げる最初の機会といえるでしょう。

好き嫌いを減らし、おいしく楽しい食環境を演出するために、当社では「心と体においしい食事」をポリシーとして、子どもが喜ぶ七夕やクリスマスなど、四季折々の行事食を積極的にご提案する一方、手づくり感にこだわったおいしい食事をご提供しています。

きめ細かな連携で園児のすこやかな成長を見守ります。

乳幼児期は、身体の発育に個人差が大きく、細やかな配慮が必要となります。

当社は毎日、厳密な栄養計算とレシピによるメニュー管理を行い、冷凍食品・加工食品の多用は避けています。また、近年増加傾向にある食物アレルギーに関しても、栄養士が園長、保育士、保護者との面談を通して専用のメニューを作成、調理を行います。近年共働き家庭の増加により、保育園給食に求められるニーズも、多様化しています。

給食業務だけではなく、保育園の一員との自覚を持ち、きめ細かな連携で、園児のすこやかな成長をサポートしています。

ISO9001:2008 品質マネジメントシステム認証取得。

ISO9001とはISO(国際標準化機構)で1987年に制定された商品・サービスの品質に関する世界共通の規格です。当社は、他社に先駆けて学校・保育園部門において2002年2月にISO9001:2000の認証を取得。これによって当社の給食業務の実績と提供するサービス全般の質の高さ、透明性が世界的なレベルで認められました。また当社は、ISO9001への取り組みを単なる「認証取得」で終わらせず、継続的に有効な実質的運用を実施し、お客様から最大の信頼と満足を得ています。